銅のシールド系 パイプ加工

さてC1020(無酸素銅)でt1となるパイプ加工ですが、銅でパイプ加工はもちろんですが

弊社ではロウ付けも可能です。

最近、ロウ付け社内でできるところも少しずつ減ってきている気がしますが、

なんだかんだと使用します。

 

IMG_1007 - コピー IMG_1271

 

ある程度の短さでは1体もので可能ですが、この長さで止まり穴となると材料代と加工代が跳ね上がりますので分割構造にします。

もちろん設計上、ロウ付けありきですのであしからず。

ロウ付けもこの製品が理解していないと色々問題が出てきます。

ロウ付けの精度、熱変動、用途等々ですね。

あ、そうそう。

銅のパイプってあまりバリエーションが無いんですよね。

写真の製品も近しいパイプからの削り出しでした。

 

 

銅のシールド系も得意で絶賛御見積御待ちしております。

RoHS規格の真空ロウ付けも可能ですよ(協力会社様で御願いしますが)

 

銅のパイプも得意な別注パイプ@comは 大阪府は八尾市の 株式会社テラダ が運営しております。

御気軽にお問い合わせ下さい。

 

 


ace

View more posts from this author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>